二の腕を脂肪吸引で細くする|速攻効くダイエット法

怖い細菌由来の安全な製剤

レディ

神経の伝達を弱める効果

ボツリヌス菌は、食中毒を引き起こす細菌です。それもそのはず、ボツリヌス菌はボツリヌストキシンという毒素を作り出すからです。その毒性はとても強いと言われており、たった1gで何十万人もの人間を致死させるほどの力を持っていると言われています。青酸カリと比較しても、その毒素は同じ量でせいぜい数人分の致死量です。そのため、ボツリヌストキシンを毒兵器として利用すべく研究が進められていたという見解もあります。そんな恐ろしいボツリヌス菌ですが、現在、意外と身近なところに存在しています。というのも、ボツリヌス菌から精製され、製剤化されたものが医療の現場で使用されているのです。製剤化されてものを、ボトックスと言います。ボトックスは治療において、神経の伝達を弱めることに用いられています。ボツリヌス菌は麻痺を引き起こすのですが、その性質を有効活用しているのが、ボトックスです。

しわの改善に有効

ボトックスは脳性麻痺や眼瞼痙攣、多汗症等の治療でも用いられますが、最も身近なのは、しわの改善です。しわには様々な種類がありますが、ボトックスは、おでこや眉間、目じり等、表情の癖によってできる、表情じわの改善に効果があります。表情じわは、表情筋と呼ばれる筋肉が動くことで、できてしまいます。神経の伝達を弱めるボトックスは、表情筋の過剰な動きを弱めることができますから、表情じわを改善することができるのです。しわを改善する治療は、手術といった大掛かりな治療法もありますが、ボトックスは注射をして注入するのみです。施術時間も5分程度と非常に手軽ですので、高い人気があります。効果の持続は3カ月〜半年程度ですが、繰り返し行えば、筋肉の働きが弱まりますので、持続期間は長くなります。